Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

20230624_JPStripes_Okayama4

 20230624_JPStripes_Okayama4

2023/06/24 に岡山(倉敷)で開催された #JP_Stripes x #CloudflareUG 合同勉強会でのJP_Stripes 分のスライドです。
#私にはスタートだったのあなたにはゴールでも なスライドを含みます

Hide69Oz

June 24, 2023
Tweet

More Decks by Hide69Oz

Other Decks in Business

Transcript

  1. View Slide

  2. JP_Stripes 岡山 Vol.4
    2023/6/24 14:00~

    View Slide

  3. 小島 英揮
    パラレルマーケター
    Still Day One 合同会社 代表社員

    View Slide

  4. 亀田さん、
    お久しぶりです!

    View Slide

  5. Footprint of #JP_Stripes (as of 2023/06/24)
    東京
    京都
    大阪
    神戸
    福岡
    松山

    20都市

    119
    ミートアップ

    330スピーカー(75LT)

    1,400+ Facebook
    グループメンバー
    広島
    秋田
    札幌
    名古屋
    沖縄
    鹿児島
    岡山
    熊本
    さいたま
    仙台
    島根
    会津
    金沢
    宮崎

    View Slide

  6. 現在展開中のJP_Stripes フォーマット
    JP_Stripes “CITY”
    各都市で勉強会を
    オフライン開催
    JP _Stripes Online Meetup
    →従来の勉強会をオンラインへ展開
    JP _Stripes Deep Dive
    →毎回一つのサービスを深堀
    JP_Stripes What’s New
    →新機能などのアップデート中心
    【オフライン】 【オンライン】
    今日は
    コレ

    View Slide

  7. JP_Stripes の
    Connpass
    で最新情報の確認と
    ぜひ、メンバー登録を!

    View Slide

  8. 7/20 は福岡で開催!
    (地方開催で初の10回目)

    View Slide

  9. View Slide

  10. アウトプット重要!
    #JP_Stripes
    #CloudflareUG_OKJ

    View Slide

  11. Stripe ≠ 決済代行
    前回(2022/11)にお伝えしたコト
    Stripe ≧ 決済代行

    View Slide

  12. 本日お伝えしたいコト
    決済のその先、
    どうしてますか?

    View Slide

  13. とはいえ、まずは「決済」
    に関するStripe基礎情報を

    View Slide

  14. HTML Ruby Python Go Java
    method="POST">
    src="https://checkout.stripe.com/checkout.js"
    class="stripe-button"
    data-key=”pk_test_6pRNASCoBOKtIshFeQd4XMUh"
    data-amount="10000"
    data-name="Stripe.com"
    data-description="Widget"
    data-image="https://stripe.com/img/
    documentation/checkout/marketplace.png"
    data-locale="auto"
    data-zip-code="true">


    14
    Stripe のミッションと初期のプロダクトで利用されていた 7 行のコード
    Stripe のミッション
    Source: Stripe ホームページ、Y Combinator ニュースリリース
    Our mission is to increase
    the GDP of the internet.”
    “インターネットの GDP を
    拡大することが
    Stripe の使命です”

    View Slide

  15. Stripeが提供する「決済」サービス
    都度決済
    定期決済(サブスク)
    N対N(C to C)
    /プラットフォーム決済
    様々な決済UI

    View Slide

  16. 16
    Stripe を支えるテクノロジー
    Stripe を支えるテクノロジーの指標
    API リクエスト
    1,825 億回/年
    (2022 年 6 月)
    Source: Stripe ホームページ
    機能追加
    250 回/年以上
    (2019 年)
    API アップデート
    年間 4,000 回以上
    (2019 年)
    アップタイム目標
    99.995 %
    の可用性

    View Slide

  17. “2022年には世界中で10人に1人
    がStripeを利用したビジネスと取
    引したという。 これはかなりの
    偉業であり、「インターネットの
    GDP を増やす」という同社の使
    命の一部です。 Stripe の数百万
    の顧客は、2022 年に合計で
    8,170 億ドル以上を処理し、前年
    比 26% 増加しました。”

    View Slide

  18. 「オンライン」決済
    だけでなく、日本独特の
    支払い習慣にも対応

    View Slide

  19. コンビニ決済、銀行振込も新たにサポート!!
    (2022年3月)

    View Slide

  20. これらの「決済」機能を
    API 活用でシステム連携したり
    ローコード/ノーコードといった
    より簡易な方法で実装可能

    View Slide

  21. 決済の「その先」へ

    View Slide

  22. 決済インフラストラクチャー
    決済最適化
    収益オペレーション
    ビジネスソリューション
    サブスクリプション &
    SaaS
    プラットフォーム & マ
    ーケットプレイス
    オムニチャネル フィンテック
    Connect Terminal
    Sigma Climate Tax Identity
    Checkout Radar
    Stripe プラットフォーム:決済だけではありません
    顧客が提供する
    サービス・プロダクト
    金融機関
    カードネットワーク
    Rev Recognition
    Treasury
    Capital
    Issuing
    Invoicing
    Billing
    22
    Stripe について
    Payments

    View Slide

  23. 皆さんが、本当にやりたいこと・・・
    × 決済をしたい
    〇 収益を上げたい

    View Slide

  24. “私にはスタートだったの、
    あなたにはゴールでも”
    (匿名:SaaS事業・バックオフィス担当)

    View Slide

  25. 収益を上げる2つの方法
    売上を
    増やす
    費用を
    減らす
    ● LTV(顧客生涯価値)の増加
    ○ 客単価を上げる
    ○ 解約率を下げる
    ● 新しい収益モデルの創生
    ● 見えるコストの削減&隠れたコ
    スト(Hidden Cost)の削減
    ● 社内リソースの効率的な運用
    ● 不正利用を予防する
    ● キャッシュフローを改善する

    View Slide

  26. 収益を上げる2つの方法
    売上を
    増やす
    費用を
    減らす
    ● LTV(顧客生涯価値)の増加
    ○ 客単価を上げる
    ○ 解約率を下げる
    ● 新しい収益モデルの創生
    ● 見えるコストの削減&隠れたコ
    スト(Hidden Cost)の削減
    ● 社内リソースの効率的な運用
    ● 不正利用を予防する
    ● キャッシュフローを改善する

    View Slide

  27. ダッシュボードでのコーホート分析(標準機能!)等を
    通じて、ビジネスにおける「攻守」を確認
    →クーポン発行や柔軟なプライシング変更でLTV向上へ
    27

    View Slide

  28. 料金ページさえもノーコードで簡単に

    View Slide

  29. 29
    顧客が取引を終了するまでに、
    いくら企業に支払ったか
    Life
    Time
    Value
    https://stripe.com/sessions
    平均継続期間
    x 平均売上高
    x 粗利率

    View Slide

  30. ● 平均継続期間: 1年 / 解約率
    ○ 例: 解約率 8%の場合、平均継続期間は12.5年
    ● 平均売上高(ARPU):売上高 / ユーザー数
    ○ 年商 1億、1000ユーザーの場合、ARPUは10万
    ● LTV計算例:
    ○ 12.5年 x 10万 = 62.5万円
    データからLTVを計算する
    30

    View Slide

  31. AWS account
    AWS Lambda
    StripeとAWSで、「LTVの可視化」を自動化する
    31
    AWS Cost &
    Usage Report
    Amazon Simple
    Storage Service
    (Amazon S3)
    Amazon QuickSight
    Stripe Sigma
    レポートデータの出力 データの取得
    集計データをS3に保存
    SQLでの集計結果を
    Webhookで送信

    View Slide

  32. 30%: 2025 年までに世界の全経済活動のうち
    プラットフォームを介して行われる経済活動の割合予想
    (McKinsey)
    出典:McKinsey

    View Slide

  33. 出典:McKinsey
    「30%クラブ」に入って、
    新しいビジネスを開拓!

    View Slide

  34. 34
    プラットフォーム化で、「新しいお金の流れ」を生む
    支払いと送金別方式
    デスティネーション支払い
    ダイレクト支払い
    送金の差戻し
    アカウント引き落とし
    トップアップおよび送金
    加盟店
    オンラインで
    の支払い
    プラットフ
    ォーム
    プラットフ
    ォーム手数料
    プラットフ
    ォーム
    オンラインで
    の支払い
    加盟店
    プラットフ
    ォーム手数料
    プラットフ
    ォーム
    オンラインで
    の支払い
    加盟店
    プラットフ
    ォーム
    プラットフォー
    ムの銀行口座
    加盟店 加盟店
    プラットフ
    ォーム
    プラットフ
    ォーム
    オンラインで
    の支払い
    加盟店

    View Slide

  35. 収益を上げる2つの方法
    売上を
    増やす
    費用を
    減らす
    ● LTV(顧客生涯価値)の増加
    ○ 客単価を上げる
    ○ 解約率を下げる
    ● 新しい収益モデルの創生
    ● 見えるコストの削減&隠れたコ
    スト(Hidden Cost)の削減
    ● 社内リソースの効率的な運用
    ● 不正利用を予防する
    ● キャッシュフローを改善する

    View Slide

  36. ● サブスクリプションの請求管理
    ○ カードの決済失敗や銀行振込の遅れ対応など
    ● 契約管理や顧客情報管理
    ○ 領収書の再発行・請求先住所や担当者名の変更など
    ● それに関連する開発・保守工数
    ○ 請求管理・カード情報更新・督促システムなど
    「見えない作業」を自動化して、隠れたコストを削減
    36

    View Slide

  37. Stripe
    Customer Portalで、
    契約管理ページを
    ノーコードで実装

    View Slide

  38. AWS account
    「イベント」でAWSの外で起きたことをキャッチする
    38
    AWS Lambda
    Amazon EventBridge
    AWS Step Functions workflow
    Users
    Amazon Simple
    Email Service
    (Amazon SES)
    Amazon Cognito
    Webhook
    イベント
    PutEvents
    制限グループに
    移動
    Amazon CloudFront Functions
    アクセス制限の
    Edge Function設定
    Email
    未払いや
    利用制限の
    通知メール

    View Slide

  39. クレカ決済 via Stripe でキャッシュフロー改善!
    39
    7月 8月
    売上回収の(費用支払いも)
    クレカ決済によるキャッシュフロー改善
    月初:
    請求
    翌週:
    入金
    SaaS等
    売上
    翌月:
    出金
    (カード
    引落し)
    AWS等
    クラウド
    利用料
    素早い入金処理と入金~出金の時間差が
    キャッシュフロー改善に貢献
    月末:

    6月
    Stripe なら、
    最短4営業日で、
    決済金額を入金!
    →キャッシュ
    フローを改善

    View Slide

  40. 皆さんが、本当にやりたいこと
    への「近道」に、Stripeを!
    〇 収益を上げたい

    View Slide

  41. その他のTIPSも
    コチラの資料に!
    (AWS Dev Day 2023
    岡本さん登壇資料)

    View Slide

  42. View Slide

  43. APIで色々つながるので、もちろん
    Cloudflare とも!

    View Slide

  44. 続きは、岡本さんの
    ワークショップで!

    View Slide