Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

エンジニア応募者様向け_会社説明資料_202307

BrainPad
July 14, 2023

 エンジニア応募者様向け_会社説明資料_202307

BrainPad

July 14, 2023
Tweet

More Decks by BrainPad

Other Decks in Business

Transcript

  1. ©︎株式会社TimeTechnologies
    1
    ©︎株式会社TimeTechnologies
    2023年7月
    We are
    TimeTechnologies

    View Slide

  2. ©︎株式会社TimeTechnologies
    2
    ブレインパッドについて
    # 0
    ©︎株式会社TimeTechnologies

    View Slide

  3. 3
    ブレインパッドについて
    MISSON データ活用の促進を通じて、持続可能な未来をつくる
    会社名 株式会社ブレインパッド
    設立 2004年3月18日
    市場区分 プライム市場上場(証券コード:3655)
    従業員数 594名(2023年5月現在)
    加盟団体 一般社団法人データサイエンティスト協会
    一般社団法人日本ディープラーニング協会
    変革を目指す企業と
    共に最前線を走り続ける、
    データ活用推進パートナーのパイオニア
    データ活用推進を支える2つの事業
    プロフェッショナルサービス
    データ活用のプロフェッショナ
    ルがアナリティクス/エンジニア
    のスキルを駆使し、最適なデー
    タ活用を実装します。
    プロダクトサービス
    実用的なSaaSで、データ活用を
    日常化する可視化や効率化、デ
    ータによる意思決定を支援しま
    す。

    View Slide

  4. 顧客
    接点
    ブレインパッドグループのプロダクトマップ アクションチャネル 自社開発プロダクト
    再販プロダクト
    自社開発エンジン(モジュール)
    データ収集元
    基幹システムデータ
    顧客固有データ
    WEB
    アプリ
    アプリ
    Push
    メール
    LINE
    データ統合 分析 可視化 意思決定 実行
    オウンド
    データ
    ソーシャル
    データ
    パブリックDMP、データセラー、
    位置情報、天候データなど
    Rtoasterタグ、SDK
    各プロダクト実行ログ
    外部
    データ
    個別
    データ
    広告媒体
    データ
    データ統合基盤(CDP)
    SNS
    拡張分析ツール
    ソーシャルメディア 分析ツール
    マーケティングオートメーション(MA)
    パーソナライズ・レコメンド
    マッチングエンジン
    メッセージ(Push配信)
    分析ツール
    スポンサードサーチ
    ディスプレイアドネットワーク
    (YDN)

    View Slide

  5. ©︎株式会社TimeTechnologies
    5
    会社概要
    # 1
    ©︎株式会社TimeTechnologies

    View Slide

  6. 会社概要
    社名 株式会社TimeTechnologies
    設立 2019年1月
    住所 東京都港区六本木三丁目1番1号 六本木ティーキューブ
    17,077,072円
    6
    資本金
    株式会社ブレインパッド
    関連会社
    事業内容 LINE特化型MAツール「Ligla(リグラ)」の開発・提供

    View Slide

  7. 主要メンバー
    最適化ソフトを販売する米国企業
    の日本法人の代表を経て、
    高橋と共にブレインパッドを創業
    2023年7月からTimeTechnologies社の
    代表取締役CEOに就任
    佐藤 清之輔 篠原 聖
    2006年 株式会社ブレインパッドに参画
    デジタルマーケティングツール「Rtoaster」の
    サービスローンチより開発責任者として成長を牽引
    2012年 株式会社ブレインパッドに参画
    デジタルマーケティングツール「Rtoaster」の
    営業責任者、カスタマーサクセスの責任者を歴任
    柴田 剛
    代表取締役 CEO 取締役 CTO
    取締役 COO

    View Slide

  8. ©︎株式会社TimeTechnologies
    8
    Mission / Vision
    # 2
    ©︎株式会社TimeTechnologies

    View Slide

  9. ©︎株式会社TimeTechnologies
    9
    Mission
    We Make Time
    テクノロジーで人々に時間を取り戻す
    ©︎株式会社TimeTechnologies
    Vision
    Global Business Automation
    成功のためのスタンダードとなる世界的なビジネスオートメーションを創る

    View Slide

  10. ©︎株式会社TimeTechnologies
    10
    事業内容|Ligla
    # 3
    ©︎株式会社TimeTechnologies

    View Slide

  11. 11
    ご導入企業様例
    LINE特化型MAツール「Ligla(旧AutoLine)」*を展開しており、toCビジネスを展開されている様々な業種のお客様にご利用を頂いています。
    Liglaの概要
    *: 「AutoLine」は、2022年8月より「Ligla(リグラ)」にサービス名を変更しています。

    View Slide

  12. Ligla機能一覧
    12
    友だち獲得 データの取得 メッセージ配信 その他機能
    標準機能 標準機能 標準機能
    オプション機能
    サイト内ポップアップ
    通知メッセージ
    Web行動履歴取得
    会員情報連携
    開封率・クリック率取得
    対話型/LIFF型アンケート
    動的リマーケティング
    セグメント配信
    トリガー配信
    MA機能
    動的リッチメニュー
    LINEポイントコネクト
    LIFF機能
    オプション機能
    モチベーション
    クラスタリング
    クーポン機能
    友達登録導線URL
    標準機能
    配信結果レポート

    View Slide

  13. ユーザー情報の取得|活用データ
    13
    メッセージ配信用のデータとして、様々なデータソースからデータを収集し、
    それらを用いてセグメント配信やダイナミックレコメンドを実施することが可能です。
    ・閲覧URL
    ・閲覧ページ数
    ・サイト訪問回数
    ・最終サイト訪問日
    ・コンバージョンの有無 など
    Web上の行動履歴 LINE内アンケート結果
    ・性別
    ・年齢
    ・住所
    ・職業 など
    ・会員情報
    ・購入履歴情報
    ・来店情報 など
    自社システムのデータ Ligla取得データ
    ・友だち登録チャネル
    ・開封率
    ・クリック率
    ・友だち登録日
    ・モチベーションクラス など

    View Slide

  14. 友だち登録と同時に
    LINEID連携を実施
    トーク画面で
    行動履歴を元に
    パーソナライズ配信
    ユーザーのサイト内での
    行動履歴を取得
    ユーザーのサイト内での行動履歴を取得し、ユーザーの興味関心に合わせてLINEトーク画面上で動的リマーケティング配信を実施いたします。
    メッセージ配信|動的リマーケティング配信
    14

    View Slide

  15. 事業収益推移
    15
    創業以来利益を生み出しながら、事業拡大を行なってきており、毎クォーター売上が伸長しています。
    今期は昨年度比で180%近く成長をしております。
    昨年度対比
    180%
    成長

    View Slide

  16. ご導入実績
    16
    2020/3月 2020/6月 2020/9月 2020/12月
    2019年4月のリリース以降、エンタープライズの企業様を中心に様々な業種のお客様へご導入を頂いております。
    導入企業様例
    導入アカウント実績
    導入アカウント数も順調に伸長しており、
    現在は80以上のLINEアカウントへご導入頂いております。
    ※2021年10月時点
    2021/3月 2021/6月
    16
    2021/9月
    2019/12月

    View Slide

  17. ©︎株式会社TimeTechnologies
    17
    働く環境
    # 4
    ©︎株式会社TimeTechnologies

    View Slide

  18. 技術スタック
    18

    View Slide

  19. Ligla事業・メンバー構成
    19
    セールス(3名)
    カスタマーサクセス(4名)
    テスト・運用・監視チーム(SRE、QA)
    COO
    CTO
    エンジニア(3名)
    セールス・CSチーム エンジニアチーム
    2023年3月現在では下記の体制となっております。

    View Slide

  20. 開発プロセス
    スプリント(1ヶ月)
    優先度決定
    定期
    リリース
    毎日の開発の流れ
    開発
    プルリクエスト
    (PR)
    レビュー
    • 開発手法は、GitHub Project、Issueを用いた反復型開発
    • ロードマップや機能要望を整理して優先度を決め、優先度の高い順に実装していきます
    • IssueごとにPRを作成しコードレビューを実施
    • 定期リリースは月1回行なっています。その他、個社リリースや緊急リリースを必要に応じて随時行なっています
    • 定期リリース時はリリースブランチを検証環境にデプロイし、QAチームでテストしています

    View Slide

  21. 階層的
    チームにはどんな魅力がある?
    フラット
    マネージャーが決める 風通しがよく意見しやすい
    まじめな姿勢 キラキラ
    小さいチーム 大規模チーム
    やることが決まってる 幅広い経験ができる
    少ないデータ
    チームのビジネスの特徴は?
    大量データ
    フィードバックを得られる 顧客からの反応が見えない
    裁量がある 仕事は与えられるだけ
    提供している価値が見えにくい
    自身もユーザーとして
    価値を実感できる
    一人で完結する仕事 チームで連携する仕事
    Liglaエンジニアにカルチャーを聞いてみた

    View Slide

  22. オフィス紹介
    22
    住所: 東京都港区六本木三丁目1番1号 六本木ティーキューブ ※BrainPadと同居
    アクセス: 東京メトロ南北線 六本木一丁目駅直結
    多様な人とのコラボレーションにより新しい価値を生み出す工夫を凝らしたオフィスです。

    View Slide

  23. 働く環境
    23
    ● フレックス制(11:00〜16:00のコアタイム制)
    ● リモート勤務可(入社~オンボーディング期間や、業務の必要性に応じて出社)
    ● 完全週休2日、祝日休み
    ● 年末年始休暇、夏季休暇
    ● 社会保険完備
    ● 交通費支給

    View Slide

  24. ● 年2回の評価(1月と7月)
    ● 能力評価は、職種✕グレード別のスキル習得度に応じて評価
    能力の成長度合いを加味して、評価と給与に反映
    ● 貢献度評価は、目標設定に対する達成度合いで評価し賞与に反映
    賞与は、貢献度評価に加えて会社全体の業績も加味される
    評価制度
    24
    能力評価

    基本給
    貢献度評価

    賞与

    View Slide

  25. 主な福利厚生など
    Skill-Up AID
    年額12万円まで、研修参加などの
    個人のスキルアップに活用
    Book AID
    業務に必要な書籍であれば、
    全額会社が購入サポート
    サバティカル制度
    勤続5年以上の方を対象とした、
    理由を問わない休職制度
    メンター制度
    上長とは別にメンターを選定し、
    業務にスムーズに入れるための支援
    Recruiting AID
    社員紹介経由でご入社(リファラル採用)
    いただいた社員への奨励金
    その他にも、
    「社長のおごり自販機」「肉会」など
    さまざまな工夫をこらした制度があります

    View Slide

  26. ● 本質的思考
    ● 自律駆動
    ● 工夫
    Value
    26
    ● 柔軟性
    ● スピード
    ● 未来思考
    ● 能力評価においても、上記価値観の体現が強く求められます。

    View Slide