Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

成長し続けられるエンジニア組織を目指して / How to create Growth-Ready Engineering Team

成長し続けられるエンジニア組織を目指して / How to create Growth-Ready Engineering Team

PharmaX株式会社、株式会社ユーザベース、株式会社カオナビの合同イベント「事例で学ぶ!エンジニア組織文化を作る採用・評価の仕組み」で登壇した際の発表資料です。
https://yojo.connpass.com/event/286715/
コロナ以降のエンジニア組織での取り組みを説明しています。

株式会社カオナビ

July 19, 2023
Tweet

More Decks by 株式会社カオナビ

Other Decks in Business

Transcript

  1. © kaonavi, inc.
    成長し続けられる
    エンジニア組織を目指して
    2023/07/19
    CTO 兼 CTO室長
    松下 雅和

    View Slide

  2. © kaonavi, inc.
    自己紹介
    2001/04 2005/08 2011/01 2014/10 2020/02
    SE
    アーキテクト
    都築電気
    株式会社
    株式会社
    オープンストリーム
    エンジニア
    株式会社
    サイバーエージェント
    CTO
    株式会社
    トランスリミット
    CTO
    株式会社
    カオナビ
    松下 雅和 / @matsukaz
    株式会社カオナビ CTO 兼 CTO室長
    ● AWS, Node.js, TypeScript, PHP, Go
    ● 二児(姉妹)の父
    ● 漫画, アニメ, ゲーム, 散歩, カメラ, 自転車
    2

    View Slide

  3. © kaonavi, inc.
    © kaonavi Inc.
    3
    タレントマネジメントシステム『カオナビ』
    社員の個性・才能を発掘し
    戦略人事を加速させる
    タレントマネジメントシステム

    View Slide

  4. © kaonavi, inc.
     
    タレントマネジメントシステム市場シェアNo.1
    利用企業数推移 業界シェア
    導入企業数は年々増加
    各種アワードも受賞
    GOOD DESIGN AWARD 2016
    グッドデザイン賞
    HRテクノロジー大賞 2017
    総合マネジメントサービス部門受賞 優秀賞
    ASPIC IoT-AI-クラウアワード 2018
    ベストイノベーション賞
    ※1 ITR「ITR Market View:人材管理市場2022」人材管理市場-ベンター別売上金額シェアで7年連続1位(2015~2022年度予測)
    © kaonavi Inc.
    8
    年連続
    導入企業 大手からベンチャーまで 業界規模問わず導入
    4
    ( 2023年3月末日時点)

    View Slide

  5. © kaonavi, inc.
    © kaonavi Inc.
    FlutterやGoなど、最新の技術も積極的に採用
    バックエンド フロントエンド モバイルアプリ
    インフラ その他
    5

    View Slide

  6. © kaonavi, inc.
    成長し続けられる
    エンジニア組織を目指して
    2023/07/19
    CTO 兼 CTO室長
    松下 雅和

    View Slide

  7. © kaonavi, inc. 7
    コロナ前後での
    働き方の変化

    View Slide

  8. © kaonavi, inc. 8
    ● 就業ルール
    ○ フレックス±20時間制度 (コアタイム:10時〜15時)
    ○ 出社必須
    beforeコロナ

    View Slide

  9. © kaonavi, inc. 9
    withコロナ
    月所定労働時間に±20時間の幅を設け、
    各自で労働時間を調整することが可能です。
    出退社時刻と勤務時間を自分で決めることができます。
    ※1日4時間以上の就業、および月の所定労働時間以上の就業は必要
    ±20時間制度
    スーパーフレックス
    勤務時間と休憩時間を柔軟に組み合わせて
    働くことが可能です。
    スイッチワーク
    オフィス/自宅など働く場所を自分で選べます。
    ハイブリット勤務
    ±20
    My Work Style制度

    View Slide

  10. © kaonavi, inc. 10
    エンジニア組織の取り組み

    View Slide

  11. © kaonavi, inc. 11
    チーム間の
    連携が不十分
    業務委託に依存
    キャリアパスが
    整っていない
    抱えていた組織課題

    View Slide

  12. © kaonavi, inc. 12
    エンジニアの
    ロール再定義
    学習機会の支援
    コミュニケーションの
    活性化
    採用広報活動
    課題に対する取り組み

    View Slide

  13. © kaonavi, inc. 13
    ● 従来のTL (テックリード)
    ○ 領域ごとに一人
    ○ チーム外から支援する立ち位置
    ● 再定義したTL
    ○ チームに一人設置
    ○ 技術でチームをリードするリーダーシップを重要視
    ○ リリース・運用・保守に責任を持つ
    ○ TL同士が連携し、全体最適を図る
    エンジニアのロール再定義

    View Slide

  14. © kaonavi, inc. 14
    エンジニアのロール再定義
    PdM
    Director
    EM
    TL
    Expert
    技術領域
    人・チーム
    領域
    プロダクト
    領域
    支援 支援
    Expert=特定領域に優れた知識やスキルを持つエンジニアを CTO/VPoEが認定

    View Slide

  15. © kaonavi, inc. 15
    コミュニケーションの活性化
    ● timesチャンネル
    ● 1on1
    ○ 上長とは定期的に実施
    ○ EM/VPoE/CTOとも不定期で実施
    ● ななめ1on1 (会社制度)
    ○ 希望すれば、他部署の管理職との1on1が可能
    ( 2023年3月末日時点)
    チャンネル作成比率
    73.2%

    View Slide

  16. © kaonavi, inc. 16
    コミュニケーションの活性化
    ● エンジニア定例 (毎週)
    ○ 各チームの状況・他チームへの影響を共有
    ○ JOINしたエンジニアを歓迎!
    ● エンジニア分科会 (毎週)
    ○ テックリードが集まり、技術課題に対して方針を決定
    ● 全社スプリントレビュー (毎週)
    ○ 週に1回、全社員を巻き込んだ共有・フィードバックの場
    ○ 毎回70名以上、多いときは100名以上が参加

    View Slide

  17. © kaonavi, inc. 17
    コミュニケーションの活性化
    ● バックエンドやインフラのお悩み相談会
    ● コーヒーブレイク (チーム・グループごとの雑談タイム)
    ● 輪読会

    View Slide

  18. © kaonavi, inc. 18
    学習機会の支援
    ● スナバ (週2時間の自己研鑽タイム)
    ○ 未来の自分、未来の誰かのために、ゆとり時間を用意する制度
    サバイバルモード
    学習モード
    自己組織化モード
    ● 学ぶ時間がない
    ● 定期的に火消し作業
    ● 遅れと残業
    ● 十分なゆとり時間
    ● スキルの習得時間がある
    ● 誤りを許容する
    ● チームにスキルがある
    ● 自分たちで意思決定できる
    ● 衝突を内部解決できる
    ● ゆとり時間を作る
    ● 残業を減らす
    ● 見積もりし直す
    ● チーム自身で
    自分たちの問題を解決
    できるように教える

    View Slide

  19. © kaonavi, inc. 19
    学習機会の支援
    ● カタリバ (社内勉強会)
    ○ 2019年から隔週で開催中 (現時点で97回)
    ○ Message Screen (内製アプリ) で双方向コミュニケーション!

    View Slide

  20. © kaonavi, inc. 20
    学習機会の支援
    ● ホンダナ (月に1冊、開発に関わる書籍を自由に購入できる支援制度)
    ○ 以前からあった書籍購入制度の課題を解決
    ■ 雑誌もOK、電子書籍はNG
    ■ 購入した書籍は個人で保管 (不要なら会社に返却)
    ■ 同一書籍の重複OK (別の人が購入した書籍でもOK)

    View Slide

  21. © kaonavi, inc. 21
    学習機会の支援
    ● イドバタ
    ○ 業務時間外で開催される学びの場
    ○ お酒を飲みながらラフにメンバーと共有・交流することで、
    カジュアルにコラボレーションを促す

    View Slide

  22. © kaonavi, inc.
    ● 兼業推奨 (会社制度)
    ● 兼業例
    ○ スタートアップで開発や技術支援
    ○ ボイストレーナー
    ○ 社交ダンスの先生
    プロダクト組織の兼業率
    28.8%
    22
    学習機会の支援
    ( 2023年3月末日時点)

    View Slide

  23. © kaonavi, inc. 23
    採用広報活動
    ● CTO室が主管
    ● 採用広報MTG (毎週)
    ○ 有志メンバーを募って運営
    ○ kaonavi Tech Talk, イベント協賛など

    View Slide

  24. © kaonavi, inc. 24
    チーム間の
    連携が不十分
    業務委託に依存
    キャリアパスが
    整っていない
    課題に対する取り組み
    エンジニアの
    ロール再定義
    学習機会の支援
    コミュニケーションの
    活性化
    採用広報活動
    エンジニアの
    ロール再定義

    View Slide

  25. © kaonavi, inc. 25

    View Slide

  26. © kaonavi, inc. 26
    これからも
    より良い組織を目指して
    取り組んでいく

    View Slide

  27. © kaonavi, inc. 27
    WE ARE HIRING!!
    https://corp.kaonavi.jp/recruit/list/

    View Slide