Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Mackerelの現在と未来 2023 / Mackerel Meetup #14

Mackerelの現在と未来 2023 / Mackerel Meetup #14

Mackerel Meetup #14 Tokyo の発表資料です https://mackerelio.connpass.com/event/286608/
--
最近リリースした注目機能の紹介と、現在開発中のものを含め今後のMackerelと開発ロードマップについてお話しします。

mackerelio

July 11, 2023
Tweet

More Decks by mackerelio

Other Decks in Business

Transcript

  1. ja.mackerel.io
    Mackerelの現在と未来 2023
    2023-07-11 Mackerel Meetup #14
    Mackerel プロデューサー 渡辺 起 (id:wtatsuru, @tatsuru)

    View Slide

  2. 自己紹介
    ● id:wtatsuru
    ● Mackerel プロデューサー
    ○ 元インフラエンジニア
    ○ 初期からの(社内)Mackerelユーザー

    View Slide

  3. 4年ぶりに帰ってきた Mackerel Meetup

    View Slide

  4. 2023年のMackerel

    View Slide

  5. View Slide

  6. 2023年、Mackerelが変わっていきます
    2023年だけで51件のアップデート!
    ● ホスト一覧画面でホスト名による絞り込みに対応しました
    ● URL外形監視のレスポンスタイムグラフの単位がmillisecondsとなるようになりました
    ● オーガニゼーションの切り替えセレクトボックスでアラート状況の視認性を向上しました
    ● Azureインテグレーションの改善を進めています
    ● ホスト一括操作機能を強化しました
    ● ホスト情報に custom_identifier が表示されるようになりました
    ● プラグインのヘルプを公開しました
    ● mackerel-agent.conf を UTF-8 (BOM 付き)で保存してもエラーにならなくなりました
    ● ダッシュボード画面を印刷する際にダッシュボードのエリアのみ印刷されるようになりました
    ● アクセシビリティを改善しました
    ● MackerelのWebコンソールのサイドメニューが日本語化されました
    ● EFS、Step Functions、Kinesis Data Streams、Kinesis Data Firehose、Redshiftでタグによる自動ロール割り当てができるようになりました
    ● アクセシビリティの改善を行いました
    ● mackerel-agentでディスクのメトリックを無視するオプションを追加しました
    ● Windows版mackerel-agentにcheck-file-ageプラグインが同梱されるようになりました
    ● mkr dashboardsで、数値(Value)ウィジェットのフォーマットルールと、グラフウィジェットの補助線の情報をやりとりできるようになりました
    ● AWSインテグレーションによるRDS連携ホストの自動退役に対応しました
    ● AWS インテグレーションにて、タグの情報をもとにロールの設定を行える対象サービスを拡充しました
    ● Mackerel コンソールでのAPIキーがマスキングされるようになりました
    ● mkr でメトリック一覧が出せるようになりました
    ● アクセシビリティの改善を行いました
    ● 不具合を修正しました
    ● mackerel-agent が Amazon Linux 2023 に対応しました
    ● AWS インテグレーションにより Aurora Serverless v2 インスタンスから取得できるメトリックを追加しました
    ● Azure インテグレーションにより Azure SQL Database から取得できるメトリックを一部変更しました
    ● mackerel-plugin-php-apc において PHP 7 以降で APCu からのメトリック取得が失敗する問題を修正しました
    ● Webコンソールのデザインをリニューアルしています
    ● 数値ウィジェットの値を基準値に応じて強調できるようになりました
    ● DNSの応答を監視するcheck-dnsプラグインをリリースしました
    ● mackerel-plugin-mongodbでサポートするMongoDBのバージョンを変更しました
    ● アクセシビリティの改善を行いました
    ● 不具合を修正しました
    ● 監視ルールのメモの文字数上限を拡大しました
    ● mackerel-statsdをmackerelio-labsで公開しました
    ● アクセシビリティの改善を行いました
    ● Terraform Provider Mackerelのいくつかの不具合を改善しました
    ● OSSパッケージのいくつかの不具合を改善しました
    ● カスタムダッシュボードのグラフウィジェットに補助線が引けるようになりました
    ● mackerel-sql-metric-collectorをmackerelio-labsで公開しました
    ● mackerel-plugin-mysqlが対応するMySQLのバージョンが変更になりました
    ● check-ssl-certに証明書検証に関するオプションを追加しました
    ● apt v1向けのリリースを停止しました
    ● mackerel-agentでWindowsのOS名が正しく取得できない場合がある問題を修正しました
    ● アクセシビリティを改善しました
    ● Red Hat Enterprise Linuxおよびその派生の多くのLinuxディストリビューションにエージェントが正式対応しました
    ● CentOS 8のサポートを終了しました
    ● アクセシビリティの改善を行いました
    ● 複数のホストのステータスを一括で更新するAPIが加わりました
    ● Terraform Provider Mackerelを利用して、カスタムダッシュボードをIaCで管理できるようになりました
    ● mackerel-plugin-accesslogプラグインのレイテンシーメトリックがマイクロ秒時間に対応しました
    ● mkrコマンドでホストメトリック一覧を取得できるようになりました

    View Slide

  7. 2023年のアップデートの一部をピックアップ
    ● カスタムダッシュボード強化
    ● AWSインテグレーション強化
    ● 活用事例、OSSラボ公開

    View Slide

  8. カスタムダッシュボード強化
    グラフに補助線が引けるようになりました
    ● 制限値
    ● ちょっと気になる値
    ● 過去の実績値

    View Slide

  9. カスタムダッシュボード強化
    ● 数値ウィジェットで閾値をもとにスタイル変更
    ● mkr dashboards など IaCも対応

    View Slide

  10. カスタムダッシュボード強化
    式エディタ強化。補完、シンタックスハイライトに対応

    View Slide

  11. AWSインテグレーション強化
    ● RDS連携ホストの自動退役に対応
    ● Aurora Serverless v2 対応
    ● タグの情報をもとにロールの設定を行える対象サービスを拡充

    View Slide

  12. 運用ツール、活用事例紹介
    ● はてな社内での利用事例を GitHub で公開
    ○ github.com/mackerelio-labs

    View Slide

  13. 運用ツールを公開
    ● sql-metric-collector
    ○ SQLで引く値をMackerelへ投稿
    ● cloudwatch-logs-aggregator
    ○ CloudWatch Logs からログを集計

    View Slide

  14. 活用事例:SLO実装例とポイント紹介

    View Slide

  15. 参考URL
    ● 各種のデータベースから自由にクエリした結果をMackerelに投稿できるツール
    「mackerel-sql-metric-collector」を紹介します - Mackerel Meetup復活記念連載 #7 - Mackerel お知ら
    せ #mackerelio
    ○ https://github.com/mackerelio-labs/mackerel-sql-metric-collector
    ● cloudwatch-logs-aggregator で Amazon CloudWatch Logs のログのメトリック化を実践する - Mackerel
    お知らせ #mackerelio
    ○ https://github.com/mackerelio-labs/mackerel-monitoring-modules/tree/main/cloudwatch-log
    s-aggregator
    ● カスタムダッシュボードの活用方法とMackerel開発チームでの実践例 - Mackerel Meetup復活記念連載 #3
    ● Mackerelを使ったSLI/SLOによるサービス運用の紹介

    View Slide

  16. その他にも色々アップデートしています
    ● ホスト一括操作機能強化
    ● デザイン変更、視認性向上
    ● プラグインのヘルプページ公開
    ● メンテナンス時間短縮
    要望をベースに続々開発を進めています

    View Slide

  17. 今後の開発ロードマップ

    View Slide

  18. OpenTelemetry対応
    ● 2023年、Mackerelのメトリックが進化します
    ○ OpenTelemetry Protocol、ラベル付きメトリックの取り込み
    ○ PromQLクエリでダッシュボードへ表示
    ○ アラートシステムも対応
    ● 詳しくはこの後の   id:onk の発表で

    View Slide

  19. SAML認証対応
    ● 外部 IdP を利用してMackerelを利用可能に
    ● 2024年前半から段階的リリース予定

    View Slide

  20. その他にも検討中
    ● アラート通知カスタマイズ
    ● グラフアノテーション一覧
    ● ダウンタイム履歴
    ● 領収書無期限ダウンロード
    ● IaC強化
    ● 外形監視強化
    ● etc.
    皆様の課題・要望お待ちしております

    View Slide

  21. Mackerelの理念

    View Slide

  22. ミッション・ビジョン
    創造的なおもしろい仕事で世界を変える。
    運用をイージーに。変化するシステムを自分たちのものに。

    View Slide

  23. Mackerel は、ユーザーの皆様と共に進化を続けていきます

    View Slide

  24. View Slide