Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

プロマネを救え! チームで生み出すプロジェクトの進め方

kuwa
July 18, 2023

プロマネを救え! チームで生み出すプロジェクトの進め方

kuwa

July 18, 2023
Tweet

Other Decks in Business

Transcript

  1. プロマネを救え!
    チームで生み出すプロジェクトの進め方
    2023/7/7
    データアナリティクス事業本部 桑島誠二

    View Slide

  2. 2
    自己紹介
    名前:桑島 誠二(クワジマ セイジ)
    所属:データアナリティクス事業本部
    ビジネスソリューション部
    担当:プロジェクトマネージャー
    経歴:メーカー系ソフトウェア会社SIer
    中小ITコンサル(BIチーム)
    事業会社の情報システム部 部門長
    →クラスメソッド

    View Slide

  3. 3
    自己紹介・普段どんなことやってるの?
    • データ分析基盤構築、BI
    • プロジェクトの主なキーワード
    • DWH(DataWareHouse)
    • ETL(Extract、Transform、Load)
    • 主に扱うデータの種類
    • 基幹システムから連携されるデータ
    • プロジェクトで使用する主なサービス
    • S3、Glue、Lambda、Redshift、
    BigQuery
    • Informatica

    View Slide

  4. 4
    自己紹介・普段どんなことやってるの?
    • プロジェクト管理ツール
    • Backlog、JIRA、Excel
    • コミュニケーション
    • Slack
    • オンラインMTG
    • Meet、zoom、Teamsなど
    • 社内はオフラインのMTGも増加傾向
    • プロジェクト規模
    • 3名~10名
    • プロジェクト全体では、20名~30名

    View Slide

  5. いきなりですが、質問です

    View Slide

  6. プロジェクトマネージャーに対して
    普段感じていることはありますか?
    この場にいるエンジニアの方へ

    View Slide

  7. 7
    この場のエンジニアの方への質問
    プロマネがちゃんと仕切ってくれない...
    もっとエンジニアの気持ちを理解してよ...

    View Slide

  8. プロマネという仕事に対して
    どのような思いを感じていますか?
    この場にいるかもしれないプロマネの方へ

    View Slide

  9. 9
    この場にいるかもしれないプロマネの方への質問
    クライアントとエンジニアに挟まれてます...
    もっとプロマネの気持ちを理解してよ...

    View Slide

  10. View Slide

  11. このままでは
    プロジェクトはうまくいかない...

    View Slide

  12. プロマネもエンジニアも
    どちらも不幸になってしまう...

    View Slide

  13. プロジェクトを成功させるために
    エンジニアもプロマネも
    どちらも幸せになれないか

    View Slide

  14. プロマネを救え!
    チームで生み出すプロジェクトの進め方
    14

    View Slide

  15. ではなく
    15

    View Slide

  16. プロマネもエンジニアも救え!
    チームで生み出すプロジェクトの進め方
    16

    View Slide

  17. 17
    アジェンダ
    1. チームで生み出すとは?
    2. チームで生み出す!4つのアプローチ
    1. ロールセッション
    2. プレモータム・シンキング
    3. テンショントリアージ
    4. ふりかえり
    3. 補足:部門として取り組んでいること
    4. まとめ
    トライして
    きたことを
    お話します。

    View Slide

  18. 1.チームで生み出すとは?
    18

    View Slide

  19. 19
    プロマネとエンジニアの思い
    プロマネ エンジニア
    うまくいってはいない
    よな...
    こうしたらどうかなっ
    て思うんだけど...
    どうにかしないと...
    この案にしてみたらど
    うかな...

    View Slide

  20. みんなプロジェクトを良くする為
    のアイディアを持って
    もやもやしている

    View Slide

  21. 21
    プロジェクトを成功させる進め方
    • 1つとして同じプロジェクトはない。
    • プロジェクト固有の特性とその環境に合わせ
    てプロジェクトのアプローチをテーラリング(
    手直し)することは、 プロジェクト・パフォー
    マンスを向上させ、成功確率を高めることに
    貢献できる。(PMBOK 第7版*)
    • *PMBOK(Project Management Body Of Knowledge)
    プロジェクトマネジメントの知識体系をまとめたもので、
    事実上の世界標準。

    View Slide

  22. 22
    プロマネだけで生み出すプロジェクトの進め方
    プロジェクト
    の成功
    標準プロセス
    固有の
    特性 プロジェクトの進め方
    を孤軍奮闘

    View Slide

  23. 23
    チームで生み出すプロジェクトの進め方
    プロジェクトの進め方を
    チームで手直ししていく
    固有の
    特性
    プロジェクト
    の成功
    標準プロセス

    View Slide

  24. 実践!チームで生み出す!
    4つのアプローチ
    24
    プロジェクトの
    進め方を

    View Slide

  25. 25
    4つのアプローチ
    1.ロールセッション
    2.プレモータム・シンキング
    3.テンショントリアージ
    4.ふりかえり

    View Slide

  26. 1. ロールセッション

    View Slide

  27. 体制図見せられたけど、
    なんでこのロールなんだろ
    何期待されてるんだろ。
    (エンジニアのぼやき)
    プロジェクト
    マネージャー
    ・・・
    エンジニア エンジニア
    ・・・
    ・・
    27
    こんなこと、ありませんか?
    エンジニア
    ・・・
    エンジニア
    ・・・

    View Slide

  28. 28
    ロールセッションとは?
    E
    P
    E
    E E
    E
    E
    E
    • フラットに双方向で
    期待値・役割の認識
    合わせする
    ロールセッション
    体制図

    View Slide

  29. 29
    やってみよう
    # タイトル プロマネ エンジニアAさん エンジニアBさん エンジニアCさん
    1 好きな仕事
    2 趣味
    3
    今、興味あること
    伸ばしたいこと(仕事)
    4
    このプロジェクトに
    おける役割
    5
    このプロジェクトへの
    意気込みを一言
    記入
    2min
    共有
    1min
    記入
    2min
    共有
    1min
    • では、みんなで書きましょう!

    View Slide

  30. 30
    やってみよう
    # タイトル プロマネ エンジニアAさん エンジニアBさん エンジニアCさん
    6
    必要な役割/やるべきこと
    ※自分の列に記載
    7
    サポートしてほしいこと
    ※自分の列に記載
    8
    他の人への期待
    ※他者の列につける
    ※自分の名前も記載する
    9
    最終的に自分がやるべきだな
    と納得できたことを
    追記・修正・編集する
    ※自分の列に記載 記入
    2min
    共有
    1min
    記入
    2min
    共有
    1min
    ディスカッション

    View Slide

  31. # タイトル プロマネ エンジニアAさん エンジニアBさん エンジニアCさん
    1 好きな仕事 効率化していくこと
    自分もお客様も学び続け
    られるような環境で一緒
    に考えること
    データ分析
    プログラミング
    インフラ・環境構築
    2 趣味 子育て(8歳の息子)
    DQ Walk
    ラーメン
    ギター
    スニーカー
    ピアノ・料理
    3
    今、興味あること
    伸ばしたいこと(仕事) PMとしてのスキル 機械学習を学び直し
    AWS全般の知識
    資格取得
    ネットワーク周り
    他のクラウドを用いたデ
    ータ分析基盤の提案
    4
    このプロジェクトに
    おける役割 タスクの交通整理 開発・設計レビュー
    データ分析基盤の設計・
    構築
    CI/CD・インフラ環境周
    りの調整全般
    5
    このプロジェクトへの
    意気込みを一言
    難易度高めなので、慎重
    にいきます!
    今回のアーキを理解しな
    がら、皆さんの技術サポ
    ートしていきます。
    円滑なデータ基盤構築に
    貢献したい。
    今回の構成は初採用なの
    でPoCしっかり。
    31
    やってみよう

    View Slide

  32. 32
    やってみよう
    # タイトル プロマネ エンジニアAさん エンジニアBさん エンジニアCさん
    6
    必要な役割/やるべきこと
    ※自分の列に記載
    流動的なのでリスクは早
    めに押さえておく。
    実現可能か探る
    ブログにまとめる
    設計・開発 CI/CDの展開サポート
    7
    サポートしてほしいこと
    ※自分の列に記載
    不足のタスク、ドキュメ
    ントの指摘
    今回のアーキテクチャー
    は初めてなので、助けて
    交渉ごと ドキュメント周り ドキュメント周り
    8
    他の人への期待
    ※他者の列につける
    ※自分の名前も記載する
    作業調整が発生した場合
    はお願いします(A)
    議事録フォローお願いし
    ます(A)
    他のメンバーへの技術的
    支援。設計方針の策定。
    レビューア。(B)
    PJ理解の共有(C)
    エンジニアチームのリー
    ダー。(A)
    PJ理解の共有(C)
    アドバイザー。標準に向
    けての指摘。(A)
    9
    最終的に自分がやるべきだな
    と納得できたことを
    追記・修正・編集する
    ※自分の列に記載
    QCDバランスよく管理
    が考慮できること
    今回の構成の理解と、チ
    ーム内への共有。
    本PJを通して、本構成
    のの知識・技術を身につ
    ける。
    本構成の展開方法を確立
    していく。

    View Slide

  33. 33
    やってみよう(ハイライト)
    インフラ
    環境構築
    (エンジニアC)
    1.好きな仕事

    View Slide

  34. 34
    やってみよう(ハイライト)
    ピアノ・料理
    (エンジニアA)
    2.趣味

    View Slide

  35. 35
    やってみよう(ハイライト)
    機械学習を
    学び直し
    (エンジニアA)
    3.今伸ばしたいこと(仕事)

    View Slide

  36. 36
    やってみよう(ハイライト)
    皆さんの技術サ
    ポートしていき
    ます。
    (エンジニアA)
    5.このプロジェクトへの意気込みを一言

    View Slide

  37. 37
    やってみよう(ハイライト)
    流動的なのでリ
    スクは早めに押
    さえておく。
    (プロマネ)
    6.必要な役割/やるべきこと

    View Slide

  38. 38
    やってみよう
    今回のアーキテ
    クチャーは初め
    てなので、
    助けて。
    (プロマネ)
    7. サポートしてほしいこと

    View Slide

  39. 39
    やってみよう
    ※Aさん向け
    若手に、Aさん
    の技術力を伝承
    してほしい!!
    (プロマネ)
    8.他の人への期待

    View Slide

  40. 40
    やってみよう
    ※Aさん向け
    途中参加なので
    案件のこといろ
    いろお聞きしま
    す。
    (エンジニアB)
    8.他の人への期待

    View Slide

  41. 41
    やってみよう
    ※プロマネ向け
    議事録うまくな
    いのでフォロー
    お願いします。
    (エンジニアA)
    8.他の人への期待

    View Slide

  42. 42
    やってみよう
    今回の構成の理
    解と、チーム内
    への共有。
    (エンジニアA)
    9. 最終的に自分がやるべきだなと納得できたこと

    View Slide

  43. 43
    やってみよう
    スプレッドシート
    での実施例

    View Slide

  44. 44
    ポイント
    プロジェクト開始時期
    新規メンバー参画時
    チームで期待値・役割のすり合わせを
    行うことにより、プロジェクトを効率
    的に成功に導く。
    実施
    タイミング
    目的

    View Slide

  45. 45
    ポイント
    • 「プロマネーエンジニア間」だけでなく、「エンジ
    ニアーエンジニア間」の双方向の期待値合わせ
    • 内的な自己認識と外的な期待値を明文化して共有し、
    相互に役割の擦り合わせができる。
    • 通常のロールとは別に定義されるもの
    • オフィシャルな体制図・アサインの意図をより理解
    できるようになる(「だから、ここにアサインされ
    たのか」)

    View Slide

  46. 46
    ポイント
    • 事前に支援の依頼をしておくことによる、プロジ
    ェクトに対する安心感
    • 得意なところ、弱いところの確認
    • 趣味が面白かったりして新しい発見

    View Slide

  47. 2. プレモータム・シンキング

    View Slide

  48. 48
    プレモータムシンキングとは?
    先に、一度倒れましょう!

    View Slide

  49. 49
    プレモータムシンキングとは?

    View Slide

  50. 50
    用語説明
    • プレモータム
    • もとは医学用語。
    • 死亡前死因分析、事前検死と訳される
    • 患者を死に至らしめない為に、死亡する
    前に対処法を検討する方法。

    View Slide

  51. 51
    こんなこと、ありませんか?
    なんか危ないなとは思ってたんですよ
    ね...
    見落としてたわ...
    うまくいくこともあるんですけどね…
    • プロマネとエンジニアの会話

    View Slide

  52. 52
    プレモータム・シンキングとは
    計画
    計画
    ゴール
    ゴール
    • 通常のプロジェクト
    • プレモータム・シンキング
    ※参考書籍
    先にしくじる 絶対に失敗できない仕事で成果を出す最強の仕事術
    失敗した
    と仮定
    対策
    時間経過
    時間を遡る

    View Slide

  53. 53
    やってみよう
    次フェーズの
    結合テストが失敗しました。
    その原因は?

    View Slide

  54. 54
    やってみよう
    記入
    5min
    ドキュメント
    での実施例
    プレモータム・シンキ
    ング用のツールは使わ
    ず。
    • では、みんなで
    書きましょう!

    View Slide

  55. 55
    やってみよう
    I/Fされた実ファ
    イルのフォーマ
    ットが設計と違
    う。
    大量に発生するこ
    とを想定して準備
    しておこうか…

    View Slide

  56. 56
    やってみよう
    パラメータが間
    違っていてジョ
    ブが走らない。 開発環境と検証環
    境は同期とれてい
    るので大丈夫です

    View Slide

  57. 57
    ポイント
    プロジェクト開始時期
    次フェーズの開始時期
    予見できるリスクについては対策を早
    めに立てることでプロジェクトを成功
    に導く。
    実施
    タイミング
    目的

    View Slide

  58. 58
    ポイント
    • 一度、プロジェクトが始まる前に仮体験でき
    る。
    • プロマネの視点だけでなく、メンバー全員の
    視点でリスクが洗い出せる。
    • 失敗原因が偏っていて、みんなそう思ってる
    んだ、、、の再確認
    • 失敗しないように、早めの対策が実施できる

    View Slide

  59. 3. テンショントリアージ

    View Slide

  60. 60
    用語説明
    • テンション
    • 緊張、不安。ひずみ。
    • 現状とより良い状態の間のギャップ
    • ちょっとしたアイデア・気になること・不
    安など、自分のなかの小さな声・違和感
    • トリアージ
    • 多くの傷病者らが居る状況において、傷
    病の緊急度や重症度に応じた優先度を決
    めること
    違和感
    優先度

    View Slide

  61. 61
    こんなこと、ありませんか?
    あの資料も直すんですっけ?(気になる)
    誰も指摘してないね。大丈夫じゃないかな?
    • エンジニア同士の会話

    View Slide

  62. 62
    テンショントリアージとは
    E
    P E
    テンション
    トリアージ
    プロジェクトの
    目的
    ロール・タスク
    違和感
    違和感
    E
    P E
    違和感
    解消
    違和感
    解消
    プロジェクトの
    目的
    ロール・タスク
    違和感 違和感 違和感

    View Slide

  63. 63
    やってみよう
    記入
    5min
    • 準備はブランクの付箋だけ
    • 何を書いてもOK!
    (アイディア、気になること、不安)
    日常の気になることを書いてもいいです
    • では、みんなで書きましょう!

    View Slide

  64. 64
    やってみよう
    週末子供の運動会
    です。(A)
    案件全体把握した
    いな(B)
    QA表全然更新され
    てないですね。
    (B)
    環境構築のヘルプ
    ありがとうござい
    ます(C)
    時間がない
    (D)
    みなさんどうやっ
    てタスク管理して
    ます?(A)
    エラーの通知先っ
    てまだ確定してな
    い? (C)
    今週、Wikiの整備
    します。 (C)
    お客さんへのリマ
    インドってもう少
    し待ちます? (A)
    命名規則見直しま
    しょうか? (B)
    仕様書の構成変更
    した方がいいかも
    (D)
    今月からジョイン
    で心配ばかり。
    (B)
    今週はタイトなの
    でタスク整理して
    おいてください~
    (B)
    Bさん、作業準備で
    きてます? (B)
    スムーズに進まな
    いな。 (D)
    出社日の会議室は
    おさえておいて欲
    しい。 (C)
    来月のタスク今週
    作成します。 (C)
    データ見てブレス
    トした方が良いか
    も?(B)
    ()カッコ内は担当者名

    View Slide

  65. 65
    やってみよう
    ・・・
    ・・・
    ・・・ ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・ ・・・
    • 1つ優先度の高いものをピックアップして討議へ。
    1. このMTGで議論したい
    2. 今月中には議論したい
    3. 別途、必要なタイミング
    で議論
    4. 議論不要(共有)

    View Slide

  66. 66
    やってみよう
    Googleスライドで
    の実施例

    View Slide

  67. 67
    やってみよう
    週末子供の
    運動会です。
    (プロマネ) 雑談です。

    View Slide

  68. 68
    やってみよう
    Aさん、プロジェ
    クト慣れました

    (プロマネ) 雑談です。

    View Slide

  69. 69
    やってみよう
    データの用途を
    もう少し知りた
    い。
    (エンジニア)
    企画資料あります
    。勉強会しますか。

    View Slide

  70. 70
    やってみよう
    別途、設計検討
    会議が欲しい。
    (エンジニア) Aさんと適宜やる
    のはどうですか。

    View Slide

  71. 71
    やってみよう
    QA表、回答を全
    然更新していた
    だけてないです
    ね。
    (エンジニア)
    ミーティング前に
    お客さんにリマイ
    ンドしましょうか。

    View Slide

  72. 72
    ポイント
    毎回のミーティング
    週1回
    今チームを改善するために必要なもの
    を優先的に選び、解決へ
    実施
    タイミング
    目的

    View Slide

  73. 73
    ポイント
    • メンバー一人一人が思う「こうしたらもっと
    より良くなるのに」という現状とよりよい状
    態の間のギャップ、ちょっとしたアイデア・
    気になること・不安などを共有し、解決のた
    めのアクションにつなげることができる。

    View Slide

  74. 74
    ポイント
    • アジェンダ作成の促進
    • アジェンダにするほどでもない、トピックに
    対して、改めて話す機会。
    • 自律的な課題提起から、対策が進められる。
    • 距離を縮めるきっかけに。
    • 1つしかピックアップしないが、テンション
    をたくさん書くことでの思いの共有。

    View Slide

  75. 4. ふりかえり(KPT-A)

    View Slide

  76. 76
    こんなこと、ありませんか?
    定例会議、Aさんは欠席でも良かったと思うんだよね。
    なんか言うタイミングなかったな。
    定期的なレビュー会、良かったのに、なんだか自然消滅し
    ちゃったなぁ。
    • エンジニア同士の会話

    View Slide

  77. 77
    KPTとは?
    Keep Problem
    Try
    Action
    よかったこと
    うまくいったこと
    問題だったこと
    不満に感じてい
    ること
    試してみたいこと
    実行すること
    ①データを集める
    ②アイディアを出
    す(発散)
    ③アイディアを決
    める(収束)

    View Slide

  78. 78
    やってみよう
    Keep Problem
    Try
    Action
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    ・・・

    View Slide

  79. 79
    ポイント
    マイルストーン終了時。
    1ヶ月おき。
    「今後改善のために取り組みたいこ
    と」を話し合うことで、プロジェクト
    を改善する。
    実施
    タイミング
    目的

    View Slide

  80. 80
    ポイント
    • K:良かったところを意識的に継続することが
    できる。
    • P:次のフェーズに問題を引きずらない。
    • T:各メンバーから広く次の対策案の意見が聞
    ける。

    View Slide

  81. 81
    4つは全てできないかも
    1.ロールセッション
    2.プレモータム・シンキング
    3.テンショントリアージ
    4.ふりかえり
    プロジェクト
    開始時 30分
    毎回 5~10分
    適宜 5分
    月1回 15分
    実施時間目安

    View Slide

  82. 3.部門として取り組んでいること
    (あと2点だけ
    みなさんの参考になれば)
    82

    View Slide

  83. #1. プロジェクトガイド

    View Slide

  84. 84
    チームで生み出すプロジェクトの進め方
    プロジェクトの進め方を
    チームで手直ししていく
    固有の
    特性
    プロジェクト
    の成功
    標準プロセス

    View Slide

  85. 85
    プロジェクトガイド
    • 「プロジェクトガイド」としてプロセス標準を整備
    • 改善していくスキームの確立
    プロジェクトガイド
    構築・共有
    PJに適用
    PJを適切に推進
    クライアント・
    プロジェクトからの
    フィードバック
    QCD評価の向上
    共通・汎用化 言語化
    適切な業務分担
    QCDの安定・向上
    A
    B
    C
    ナレッジ ふりかえり

    View Slide

  86. #2. チームビルディング
    チーミング

    View Slide

  87. 87
    チームで生み出すプロジェクトの進め方
    プロジェクトの進め方を
    チームで手直ししていく
    固有の
    特性
    プロジェクト
    の成功
    標準プロセス

    View Slide

  88. 88
    チームビルディング
    • フラットに会話ができるベースが必要
    • 自己紹介ワークショップ
    • (4人1組 1人3分で)
    • 自己紹介LT編
    • (1人8分 スライドで実施)
    • みんなからのフィードバック付き

    View Slide

  89. チームビルディング・チーミング

    View Slide

  90. 4.まとめ
    90

    View Slide

  91. 91
    チームで生み出すプロジェクトの進め方
    プロジェクトの進め方を
    チームで手直ししていく
    固有の
    特性
    プロジェクト
    の成功
    標準プロセス

    View Slide

  92. 92
    さいごに
    • 試行錯誤をプロマネ1人でやる必要はなく、チームの能力
    を引き出してゴールに向かえるかが重要。
    • うまくいっているプロジェクトもうまくいっていないプロ
    ジェクトにも適用可能。
    • 最初は何か変な空気になったとしても、みんなが意見を書
    き込んでくれればOK。
    • チーム全体でアウトプットすることに意味があります。
    • そしてチーム全体で解決策を考えてください。
    • プロマネでは全てを解決できません。
    • チームで解決の場所を作っていくことで、
    よりよいプロジェクトにしてください!

    View Slide

  93. 関連ブログ・資料のご紹介
    93

    View Slide

  94. 94
    関連ブログ・資料のご紹介
    • 1.ロールセッション
    • プロジェクトアサイン者との期待値を揃
    えてみよう!ロールセッションについて
    徹底解説してみた | DevelopersIO
    • ロールセッション - Project Sprint
    • 2.プレモータム・シンキング
    • 先にしくじる 絶対に失敗できない仕事で
    成果を出す最強の仕事術

    View Slide

  95. 95
    関連ブログ・資料のご紹介
    • 3.テンショントリアージ
    • テンショントリアージの方法 - Project
    Sprint
    • 4.KPT-A
    • 代表的な振り返りの手法 - Project
    Sprint(KPT)

    View Slide

  96. View Slide